気になる目の下のクマ。その原因は?


こんばんは。Cure Body  川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

皆さんは目の下のクマ、気になることありませんか?

 

クマの原因は寝不足で出来ると思われている方が多いと思いますが、

実は寝不足だけが原因ではないんです。

 

老けた印象や疲れた印象を与えてしまうクマ。

このクマにも種類があってそれぞれ原因も異なります。

なので、自身のクマの状態を知り対策を立てないとなかなか消すことが出来ないんです。

 

目の下のクマには、3つの種類があります。

  1. 青クマ・・・血行不良などによるクマ
  2. 茶クマ・・・色素沈着によるクマ
  3. 黒クマ・・・肌のたるみ、皮膚のへこみなどによるクマ

 

原因と解消法もそれぞれ違うのでまずは自分がどのタイプなのかしっかり判断して下さいね。

 

 

1.「青クマ

最も一般的なクマで、目の周りの毛細血管が滞ることでできるクマです。

目の周りの毛細血管の血のめぐりが悪くなると、黒ずんだ血がたまってうっ血し皮膚が薄い目の下は青クマとして目立ってしまうのです。

 

青クマの原因は、

  • 生まれつき皮膚が薄い事
  • 生活習慣(寝不足・不規則な生活)による血行不良
  • 疲労、ストレスによる血行不良

 

青クマの解消法は、

  • 血行促進マッサージ
  • コラーゲンを増やすケア
  • 冷たい飲み物・食べ物を避ける
  • 血液をサラサラにする葉酸、ヘモグロビンの材料となる鉄分を摂取する
  • 目立つ日はコンシーラーでカバーする

 

 

2.「茶クマ

小さなシミの集合体や、こすることによる色素沈着や角質肥厚などが茶クマの正体です。

どれもメラニン色素が関係しているのでシミ対策と同様のケアが必要です。

 

茶クマの原因は、

  • 洗顔の摩擦や、メイクの刺激、紫外線のダメージ
  • 乾燥による肌のターンオーバーの乱れ
  • 肌に合わない化粧品を使っている

 

茶クマの解消法は、

  • UVケアの徹底
  • ビタミンC誘導体など美白成分が入った美白化粧品を使う
  • 色素沈着を避けながらも肌の労りを忘れない
  • ピーリングを行う
  • メラニンの生成を抑えるビタミンCを摂取する

 

 

3.「黒クマ

加齢に伴い、下まぶたの皮膚がさらに薄く弱くなり、たるんで前に出てきた状態です。

目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉がゆるむことから生じ、その下にへこみができてしまいます。

その影が黒く見えてしまい、むくみが加わると更に目立つという特徴があります。

 

黒クマの原因は、

  • 下まぶたの皮膚が加齢で薄くなる
  • コラーゲンが減り、皮膚がたるむ

 

黒クマの解消法は、

  • コラーゲンを増やすケア
  • 黒クマに有効なツボを押す
  • 表情筋を鍛える
  • カバーメイクをする

 

クマには3つの種類があり、それぞれ原因が異なります。

自身のクマが、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」のどのタイプなのかを把握し、

それぞれに合った対策をして下さいね。

 

 

小顔美顔矯正の詳細は→こちらから