エラやアゴの悩み


こんにちは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

小顔になりたいと思う方の中には、

エラやアゴにコンプレックスをお持ちの方がいらっしゃるかと思います。

 

エラとアゴの部分は下顎骨と呼ばれる骨に、

主に咬筋(こうきん)、側頭筋と呼ばれる物を噛む時に使われる筋肉が、

頬骨や側頭部(耳周辺の骨)に付いてます。

 

この筋肉は物を噛む時に使われていて、

顔の中では最も強力な筋肉になります。

 

アゴの真ん中から先端にかけては、口の動きに関係する筋肉が付いています。

アゴのラインはとても老廃物が溜まりやすく、むくみやすい場所になります。

 

なのでフェイスラインをぼやけさせてしまいます。

 

フェイスラインをスッキリさせたい。

エラが張っている。

これらが気になる方は骨の問題と筋肉の問題と2つを解消しなければいけません。

 

噛み癖や歯ぎしりがある方は片方の筋肉ばかり使ってしまいます。

一方は筋肉が発達し、一方は痩せてしまうという左右のバランス崩れてしまう可能性があります。

噛み癖がある方はまず意識して直していきましょう。

歯ぎしりは無意識に行っているのでマッサージなどで特にエラ部分の大きな筋肉をほぐしていく必要があります。

 

 

アゴの歪みが気になる方は、

日常生活でほおづえをつく事によって、

骨を直接歪ませたり、

噛み癖の影響で一方の筋肉が強くなり骨を引っ張って歪みを起こしている可能性があります。

ほおづえをつかない様に意識すること。

筋肉のバランスが崩れてしまっている人は、

マッサージや弱っている筋肉を鍛えましょう。

 

まずは、日頃の生活を意識してみて下さいね。

 

 

悩みのある方は、

是非一度小顔矯正を受けに来て下さいね。

詳細は→こちらから