運動するにも姿勢は大切!!運動と姿勢の関係。


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

皆さんはどんな時に自分の姿勢を意識されますか。

鏡に映った自分の姿を見た時、写真を

 

運動をしている時の姿勢を意識したことはありますか。

あまり関係なさそうに思われますが、

運動をする時の姿勢はとても大切です。

 

姿勢が悪いと関節の可動域が悪くなったり、

身体が正しく使えない状態で運動をする事になります。

 

 

でも、それだけではありません。

運動をする時は呼吸が関係してくるのです。

 

 

まずは呼吸についてお話しますね。

 

 

呼吸

 

呼吸は、肺が伸び縮みする事で行われます。

しかし、肺は自分で伸び縮みする事は出来ません。

呼吸に関わる筋肉の働きで肺を取り囲む骨である胸郭が広がることで

肺が広がり空気が入り、

広がった肺が縮こまることにより空気が外へ出ます。

 

肺の動きを支配しているのは、

横隔膜や肋間筋などの呼吸筋といわれるものです。

これらの呼吸筋が収縮・弛緩を繰り返し、

肺を囲む容積を変化し、その結果、肺に空気が出入りします。

横隔膜の働きで行う呼吸が複式呼吸です。

肋間筋の働きで行う呼吸が胸式呼吸です。

 

横隔膜や外肋間筋が収縮すると、

胸郭が拡大して空気が取り込まれ、

反対に弛緩すると胸郭が狭くなって息が吐き出されます。

 

ですので、肺という単一の臓器の働きではなく、

筋肉や関節の動きが大切になります。

 

 

 

 

姿勢との関係

猫背の方は背中が丸くなっています。

背中が丸まると肺を取り囲む胸郭が押しつぶされて広がりづらくなります。

呼吸をする時に胸郭が広がることで肺が広がり呼吸が行われます。

 

胸郭が上手く広がらないとたくさんの空気を吸い込むことが出来ません。

また、胸郭が押しつぶされると呼吸をする時に

胸郭を上下に動かす横隔膜という筋肉の動きが悪くなってしまい呼吸が浅くなります。

 

運動する時は、身体にたくさんの酸素を必要とします。

姿勢が悪い状態であると酸素が入りづらい状態になります。

 

したがって、すぐに息があがったり疲れてしまうのです。

ですので、運動をするときに姿勢が重要になってきます。

 

スタミナの源は、豊富な肺活量にあります。

そして、猫背であるかどうかが肺活量を大きく左右するのです。

 

是非、運動をするとすぐに息があがったり疲れやすいという方は、

一度ご相談下さいね。

 

 

猫背矯正のご予約は→こちらから