「ねこ背は10秒で治せる!!」出版記念セミナー大盛況でした!!


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

先日22日に開催された

のびのび健康教室特別編

【『ねこ背は10秒で治せる!!』出版記念セミナー】

沢山の方々にお集まりいただき、大盛況でした。

 

今後も皆様が健康になれるよう地域貢献を目指し、

のびのび健康教室を行っていきたいと思います。

健康教室は、毎月開催していますので、

興味がある方は、是非ご参加下さいね。

 

詳細は→こちらから

 

 

セミナーでも話

皆さんは猫背のタイプが色々ある事をご存知ですか。 

 

 

猫背のタイプは4つに分ける事が出来ます。

  • 円背型(えんぱいがた)
  • 前肩型(まえかたがた)
  • 顔出し型
  • 首無し型

この4タイプについてそれぞれ詳しく説明しますね。

 

円背型

簡単に言うと、背中が丸まっているタイプの猫背になります。 

猫背と言ったら、この円背型の猫背を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

円背型の猫背の方は、、

特に背中の筋肉が硬くなってしまいます。

ですので、背すじを伸ばそうとしても背中が硬すぎて維持する事が難しいです。 

また、背名が丸くなりすぎると、背骨のS字カーブが強くなり過ぎて、

腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。

他にも、背中が硬いため深呼吸が出来ず、常に呼吸が浅いです。

呼吸が浅いと、自律神経はなかなかリラックスしてくれません。

その結果、日頃から疲れやすく、

寝ても疲れが取れない状態になってしまうのが、この円背型の猫背です。

 

 

 前肩型

前肩型の猫背の注目ポイントは肩の位置です。

身体を横から見た時に、肩が耳より前に移動している場合は、このタイプの猫背です。

前肩型の猫背は、肩こりなどの症状を訴えることが多いです。

肩の位置が前に入り、肩甲骨の位置が歪むことにより、

肩から首にかけての筋肉が固まりやすくなるため、肩こりになりやすいのです。

このタイプの猫背は、肩甲骨の柔軟性が足りないのと胸の筋肉が硬くなっている人が多いです。

そのような人は、肩が硬いので肩の後ろに引けない人が多いです。

意識的に肩を後ろに引くことも大事ですが、肩周りの硬さを取ってあげて、

自然と肩を後ろに引けるような身体作りをしていきましょう。

 

 

顔出し型の猫背 

顔出し型の猫背は、身体を横から見た時に、

顔だけが前に出てしまっているタイプの猫背です。

このタイプの猫背が、近年かなり増えています。

その原因には、パソコンやスマホの普及があります。

このタイプの猫背は、特に首のコリや痛みを訴える方が多いです。

顔が前に出ることで、首の湾曲が失われ、ストレートネックになりやすく、

その結果、首に負担がかかってしまうのです。

意識的にアゴを引き、なるべく顔が前に出てしまう時間を少なくする努力をしましょう。

もちろん、パソコン作業中は、顔が前に出る姿勢になり易いですが、

1時間に一回のペースを目標に、アゴを引いたり、背伸びをするクセを作りましょう。

 

 

首無し型の猫背

首無し型の猫背が一番、気をつけないといけないタイプの猫背です。

文字通り、はた目からでは、首がないように見え、頭が埋まっているような状況になっています。

円背型、前肩型、顔出し型のすべてのタイプが複合していることが多いです。

このタイプの猫背は、ただ施術するだけでなく、

日常生活からも改善させないと、症状を治すのに時間がかかります。

首無し型の猫背は、肩こり・首痛だけでなく、

自律神経的な身体の不定愁訴を起こしやすいです。

もし、身近に首無し型の猫背になっている人がいたら、ぜひ忠告していただきたいです。

放っておくと、本当にツラい症状に移行してしまうので、今すぐ改善するようおススメしてください!

 

 

今回は、猫背の4つのタイプを簡単にご説明させていただきました。

皆さんは、4つのタイプの猫背に当てはまっていたでしょうか?

もし、当てはまったようなら、今すぐ改善をしていきましょうね!

 

 

猫背矯正のご予約は→こちらから