冷え性でお悩みの方におススメ!【ほっトレ】で体温UP!!


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

寒い日が続いてますね。

今日は雪も降っていましたね。

この時期冷え性に悩まされている方は少なくないかと思います。

 

冷え性と言っても症状は人それぞれ様々ですよね。

冷え性で考えられる主な症状を紹介します。

 

 

むくみ

夕方になると足が太くなったり、冷えて手や顔が腫れぼったくなるのが、むくみです。

冷えることで、水分代謝のバランスが悪くなり、腎臓機能が低下する事により、

むくみを引きおこします。

 

 

頭痛・肩こり

冷え性になると血流が悪くなり、

乳酸という疲労物質が増加・蓄積されることで肩こりになります。

また身体が冷えることで、

首や肩、背中の筋肉が緊張し、血液循環も悪くなります。

それによって、頭痛が起きるのです。

 

 

腹痛・下痢・便秘

冷えを感じると胃や腸が冷えて働きが悪くなります。

それによって、腹痛や下痢、便秘が起こることもあります。

 

 

 

 

慢性疲労感

  • 朝起きるのが辛い
  • 横になって休みたい

このような症状が、慢性疲労の状態です。

身体が冷えることから血流が悪くなり、

体内に疲労物質である乳酸菌が蓄積され疲労になります。

それが続いていくと慢性疲労の状態になります。

 

 

集中力低下

冷えが慢性化することで、臓器の機能が低下し、

食欲不振や倦怠感が出てきます。

自律神経のバランスが崩れ、

鬱や苛立ち、物事に取り組み意欲や集中力の低下が起こります。

 

 

生理不順

 

 

慢性的な冷えが自律神経に影響し、

ホルモンバランスが乱れてしますことがあります。

それが原因で生理不順がおこります。

 

 

風邪をひきやすい

冷え性は体温調整機能をはじめ、

身体の各機能を低下させていきます。

抵抗力が弱くなり、風邪をひきやすくなってしまいます。

 

 

 

日本人の平熱は、一般的には36.5℃前後と言われていますが、

最近では35℃代の低体温の方も増えています。

36℃未満の体温は、低体温と呼ばれます。

 

体温が1℃下がると・・・

  • 免疫力は37%低下
  • 基礎代謝が12%低下
  • 体内酵素の働きが50%低下
  • ガン細胞は低体温を好む

 

体温が下がると、体内の様々な化学反応を促進している酵素の働きを低下させてしまいます。

その結果、基礎代謝や免疫力が低下してしまうのです。

 

酵素は、体内で食べ物などを分解したり、

身体の栄養素を作ったり、悪い物を解毒したりする物質になります。

温度で左右され、36.5℃で最も働くようになります。

 

低体温になると酵素が体内で十分に働いてくれないので、

疲れやすかったり、免疫力が落ちたり、

様々な症状や病気をもたらす原因になるのです。

 

免疫力が下がるということは、がんの発症率が高くなり、

がん細胞への抵抗力が下がってしまうのです。

がん患者さんのほとんどが冷え性だと紹介している医師もいるのです。

 

がん以外にも低体温は、

 

  • 糖尿病
  • 骨粗鬆症
  • 間質性肺炎
  • 認知症
  • アレルギー疾患

様々な病気の原因になってしまうのです。

 

 

冷え性を甘くみず、

しっかりと体温を上げて健康な身体を手に入れましょう。

 

体温を上げるのにおススメなのが、

「ほっトレ」です!!

 

 

「ほっトレ」は岩盤浴マットで身体の芯まで温活しながら、

EMS(電気筋トレマシーン)を着けて30分寝ているだけ!!

 

 

岩盤浴マット

この岩盤浴マットは、ホルミック素材を使用しています。

ホルミック素材とは、ラジウム温泉として知られる玉川温泉の湯の花を練り込んだ素材で

ラジウム鉱石と同じように身体に害のない微量な放射線を出すものです。

細胞の活性化や免疫力の向上という効果が期待できます。

ポカポカ温かく、冷え症の改善にも繋がります。

 

 

気になる方は、ぜひ一度お試し下さい。

ほっトレのご予約は、ビオラ整体院まで!!