ダイエットに効果的!インナーマッスルを鍛えよう!!


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

「インナーマッスル」と言う言葉を聞いたことがあると思います。

今回は、インナーマッスルについてお話ししますね。

 

インナーマッスルとは、

関節を固定したり、動作や作業をする際に安定した姿勢を保持し、

バランスを保つ役割がある身体深層部の筋肉の事です。

 

腹筋や腕立て伏せなどの筋トレで鍛えられる筋肉は、

アウターマッスルと言われる体の表面にある筋肉です。

 

インナーマッスルは、アウターマッスルと違い身体の奥底にある筋肉なので、

普通の筋トレではなかなか鍛えるのが難しい部分です。

 

このインナーマッスルが衰えてしまうと

下記の様な問題が出てきます。

  • 下腹が出てきてぷよぷよになる
  • ヒップや二の腕が垂れる
  • 姿勢が悪くなる
  • 食べるとすぐ太る
  • 肩が上がらない
  • よくつまづく

 

ダイエットするのに、インナーマッスルを鍛えると私たちの身体には次のようなメリットがあります。

  • 代謝が上がりやすい
  • ぽっこりお腹の解消
  • 腸の働きをよくして便秘解消
  • 姿勢が良くなり美しく見える

 

代謝が上がりやすい

ダイエットを成功させるためには、代謝のアップが不可欠です。

筋トレをして筋肉量を増やせば、代謝量も増えて痩せやすくなります。

アウターマッスルを鍛えるよりも、

インナーマッスルを鍛えた方が代謝が上がりやすいといわれています。

普通の筋トレをしてアウターマッスルを鍛えても、

なかなか痩せれれない方は、インナーマッスルを一緒に鍛えることで、

痩せられない状況から脱出出来ます。

ダイエットは、短期間で急いで痩せるよりも、

長い時間かけてゆっくり痩せる方が健康的に痩せることが出来ます。

つまり、インナーマッスルを鍛えた方が健康的に痩せやすいんです。

 

 

ぽっこりお腹の解消

インナーマッスルは、体の骨格を維持する働きだけでなく、

他にも役割があります。

その役割とは、お腹まわりにあるインナーマッスルによって、

内臓を政情の位置に保つことです。

ですので、インナーマッスルが弱ると、

内臓の位置が重力によって下に下がってしまうのです。

その結果、下腹が出るようなぽっこりお腹になってしまいます。

ぽっこりお腹は、お腹に適度に脂肪がたまることも原因ですが、

インナーマッスルが弱ってしまう事も原因になるのです。

 

 

腸の働きをよくして便秘解消

インナーマッスルと腸は、密接な関係があります。

お腹まわりのインナーマッスルと腸は隣同士にあり、

運動などでインナーマッスルが使われると、腸が刺激を受けるのです。

腸の働きが悪くなると、消化不良などを起こすだけじゃなく、

便秘にもなりやすくなってしまいます。

運動してお腹まわりのインナーマッスルを使うと、腸が刺激を受けて働きが活発になり、

便秘を解消させることが出来るんです。

腸の働きが良くなれば代謝も上がります。

 

 

姿勢が良くなり美しく見える

インナーマッスルは、体の骨格を維持する働きがあるため、

インナーマッスルを鍛えれば鍛えるほど体の歪みがなくなり姿勢が良くなります。

体の歪みがなくなって姿勢が良くなれば、外見が変わります。

立っている姿はもちろんのこと、座っている姿も美しくなります。

体の歪みによる血液やリンパの流れの悪化が改善されるので、

老廃物の蓄積による体のむくみを解消できます。

むくみは、体重以上に太って見えてしまうので、

体のむくみも解消しましょう。

 

 

インナーマッスルを鍛えるとこのような効果があります。

インナーマッスルを鍛えて効果的なダイエットをしましょう。

 

 

 

インナーマッスルを鍛えたい方にオススメなのが、

「ほっトレ」です!!

30分寝ているだけで、

「代謝アップ・体温アップ・筋力アップ」が出来るのです。

気になる方は、まずは「ほっトレ」をお試しください!

 

ご希望の方は、

ビオラ整体院までご連絡下さい。

044-934-0102