基礎体温を上げる食事とは??


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

今回からは基礎体温を上げる為の大切な方法をお話ししていきますね。

今日は、食事についてお話しします。

 

  • 冷たいものを避ける
  • カフェインや食品添加物を避ける
  • 根菜類を食べる

 

冷たいものを避ける

体温を上げるためには、まずは冷たい飲み物や食べ物に気を付けることからはじめましょう。

胃や腸に食べ物や飲み物が入るとそれらを温めてから消化されます。

冷たいものを摂取すると温めるのに時間がかかり、

体内のエネルギーも消費されてしまい体温が低くなるのです。

また、体が冷えると内臓機能の低下、下痢、胃もたれなど体調不良も起こしやすくなるので、

極力冷たいものは避けるようにした方が良いでしょう。

 

体温を下げる食べ物は、

野菜:トマト、レタス、キャベツ、キュウリ、ナス

果物:バナナ、オレンジ、りんご

夏に採れるものや暑い国で採れるものは身体を冷やす効果のあるものが多いです。

 

体温を上げる食べ物は、

野菜:ネギ、人参、大根、ごぼう、生姜、にんにく

冬に採れるものに多いと言われています。

 

料理を作る時には、これらの食材を積極的に取り入れるようにしてみましょう。

 

 

カフェインや食品添加物を避ける

コーヒーや緑茶など、毎日何気なく飲んでいる人も多いと思います。

これらの飲み物は身体を冷やす飲み物と言われている事をご存知ですか。

飲んだ直後には、体を温める効果がありますが、

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには利尿作用がある為、

飲み過ぎには注意が必要です。

 

また、食品添加物も体を冷やす原因になると言われています。

毎日コンビニ弁当ばかり食べている人は、

食品添加物を多く摂り過ぎている可能性があるので注意が必要です。

また、スーパーで買い物をする時にも食品表示に添加物が含まれていないかどうかを

確かめてから買うようにしましょう。

 

根菜類を食べる

根菜は身体を温める食材で、冬は特に根菜が美味しい季節でもあります。

寒さの厳しい冬には下半身が冷えやすくなります。

ですので、根菜を食べる事で下半身がポカポカになり、

肩こりなどの辛い症状も和らげてくれます。

寒い季節には根菜を摂取すると共に、

厚めの靴下やタイツ、カイロなどでも温める事でより体温が高くなります。

根菜には、人参やジャガイモ、里芋、レンコン、ごぼう、生姜などがあります。

中には生で食べると身体を冷やしてしまう根菜もあるので気を付けましょう。

例えば、大根はサラダなどに入れて生で食べると返って身体を冷やす原因になってしまうので、

食べる時は味噌汁に入れるなど温めてから食べましょう。

また、醤油や肉類も身体を温めてくれるので根菜と一緒に摂取するとより効果的です。

これから益々寒い日が増えていきますので、

食生活を見直して身体を温めましょう。

 

 

機能改善マッサージのご予約は→こちらから