体温上げて健康に!!


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

気温が下がったり、上がったりで

体調を崩されていませんか。

 

これから気温が下がっていく季節です。

体を冷やさないで温める生活をすることで免疫力が活性化させましょう。

 

体を温める方法としては、

  • 入浴
  • スクワット
  • 白湯を飲む
  • GABA(ギャバ)を多く含む食品を食べる
  • 腹巻き、カイロ、湯たんぽ

 

 

入浴

1日1回、お風呂に入って体温を1度上げましょう。

朝でも夜でも自分の生活リズムに合わせてで構いませんので、

シャワーだけではなく入浴しましょう。

湯船に10分程度つかれば、大体体温が1度くらい上がります。

大切なのは毎日続けることです。

最近はシャワーで済ませる人も多いようですが、湯船につかりましょう。

5分でも10分でもかまいませんので、

必ず湯船に浸かる習慣をつけましょう。

 

 

スクワット

スクワットは、ふくらはぎや太もも、

腰の筋肉を一度に鍛えることができるので、おすすめです。

下半身の脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉がつくので、

引き締まった下半身をつくりながら血行を改善する事が出来ます。

入浴後に行えば、入浴と運動で体温を上げることが出来るので、

眠りやすくなるという効果もあります。

 

 

白湯を飲む

朝は1日の中で最も体温が低い状態です。

ですので、冷たい水を飲むと体温が下がりすぎてしまいます。

朝起きたら、冷たい水ではなく白湯を飲みましょう。

また、夜寝る前に白湯を飲むことでも体を温める事が出来ます。

 

 

GABA(ギャバ)を多く含む食品を食べる

ストレスによる体温の低下を防ぐために、

ストレスを緩和する成分「GABA」を多く含む食品を食べましょう。

GABAはストレス緩和のほかにも成長ホルモンの分泌を促す効果もあるので、

アンチエイジングの面からもおすすめです。

GABAが多く含まれる食品は、

玄米、かぼちゃ、じゃがいも、トマトなどがあります。

 

 

腹巻き、カイロ、湯たんぽ

女性に限らず冷えは大敵です。

これからの季節、特に体を冷やさない外側からの工夫も行っていきましょう。

女性がズボンの下にタイツを履くように、

男性もズボン下用の下着を1枚増やすこともおすすめです。

 

 

日常生活でちょっとした心がけで変わってきます。

是非取り入れてみて下さいね。

 

 

機能改善マッサージのご予約は→こちらから