今日から出来る冷え症対策!!


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

 

ここ数日は気温が下がり長袖が必要な季節になってきましたね。

特にこれからの季節は、気温も下がり、身体が冷えやすくなります。

女性を中心に手足の冷えに悩んでる方が非常に多いのではないでしょうか。

 

 

まだ大丈夫!と油断していると、

急な気温の変化についていけなくなりますよ?

 

身体の冷えは自律神経を乱し、

免疫力を下げて様々な不調や病を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

筋トレなどの運動や食事が一番大切です。

しかし忙しい生活をしていてなかなか…という人向けに、

今日からできる簡単な冷え対策をご紹介しますね。

 

冷えが気にならないという方でも、

免疫力アップに繋がるので是非ためしてみて下さいね。

 

 

  1. お白湯(温かいお湯)を飲む
  2. 寝る時に靴下を履かない
  3. 爪もみ体操

 

 

1.お白湯(温かいお湯)を飲む

夜寝る前、朝起きて一番にお白湯(温かいお湯)を飲む!

人肌より少し温かいくらいの温度でいいので、

コップ一杯のお湯を飲むことで内臓が暖まり、冷えを防ぎます。

夜は寝つきがよくなり、朝は身体が起きます。

代謝があがるので、美肌効果とダイエット効果も期待できますよ。

 

味気ないお湯が飲めないという方には、ほうじ茶がオススメです。

ほうじ茶には、身体を暖める作用がありますよ。

2.寝るときに靴下は履かない

冷えが強い方で、

寝るときの靴下が手放せない…という方もいるかと思います。

ですが実 は、これは逆効果なんです。

普段靴下を履いて冷やさないことは大切ですが、寝るときは別です。

人の足の裏には冷えを感じたら暖めなくちゃと身体が感じるセンサーがあります。

しかし、その足の裏が靴下で覆われてしまうと、

身体が自らを暖めようという動きを休んでしまいます。

寝る直前までは良いのですが、寝るときに靴下は脱ぎましょう。

それでも寒いし心配という方は、

くるぶしまであるパジャマやシルクのレッグウォーマを使ってみて下さいね。

 

3.爪もみ体操

心臓から離れている手足は血流が悪くなりやすいため、

冷えやすいのは皆さんご存知かと思います。

手首足首をぐるぐる回すのもいいですが、

気がついたときに人目を気にせず簡単に出来るのが爪もみ体操です。

爪の生え際で指の側面を反対の手でギュ!っとはさんで10秒程押して刺激します。

足の冷えが気になる方は足の爪もみをしましょう。

 

 

冷えには血流を良くするために運動をして筋肉を鍛えること、

身体を暖める食事をバランスよく摂ることが大切です。

それとストレスを溜めないことも大事ですよ!

 

これから寒くなる季節、冷え対策をしておきましょうね。

 

 

機能改善マッサージのご予約は→こちらから