睡眠不足が及ぼす悪影響とは?


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

最近、睡眠時間をしっかり取られていますか。

睡眠不足が当たり前になっている人は少なくないかと思います。

その当たり前になってしまった睡眠不足は、冷えやむくみを引き起こします。

代謝を上げ、痩せやすい体を作るには、睡眠はとても重要です。

 

 

起きている時間が長い人は太りやすい!

十分な睡眠時間がとれていないと、

体が冷えて代謝が落ちてしまいます。

寝つきが悪く、起きている時間が長くなることで交感神経が刺激されます。

それが原因で血管が収縮し、血行不良を起こしてしまいます。

なので、体内の老廃物や余分な水分の排出がスムーズに行われず、

冷えやむくみにつながってしまうのです。

血行が悪くなることで、代謝が落ち、太りやすくなるだけではなく、

肌や髪の新陳代謝も低下することから肌荒れや髪のパサつきも引き起こしてしまいます。

 

睡眠は時間よりも質が大切

脂肪の燃焼を促し、肌や髪の新陳代謝を促進する成長ホルモンの分泌は、

午後10時~午前2時間の4時間が最も多くなると言われています。

この時間帯にしっかり寝ることで代謝が上がり、

ダイエットや美肌にはプラスになります。

人は、体温が下がりはじめたときに眠気が訪れます。

ですので夜はぬるめのお風呂に入り、

寝る直前ではなく2時間前に入る事がベストな時間になります。

 

そしたて、遅くても午前0時前には布団に入るようにすると、

お風呂で温まった体温の低下とともにスムーズに眠りにつくことが出来ます。

ベッドに入ってからスマートフォンでゲームをしたり、

SNSを見たりしていると自律神経が活性化して寝つきが悪くなるので、

寝る直前の操作は控えましょう。

 

しっかりと睡眠をとるためにも、

お風呂の入り方に気を付けてみて下さいね。

 

 

 

機能改善マッサージのご予約は→こちらから