季節の変わり目は、ゆらぎ肌にご注意!!


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

 

今回は、お肌についてお話しします。

皆さんは、「ゆらぎ肌」という言葉を聞いたことがありますか?

 

「ゆらぎ肌」とは、季節の変わり目の寒暖差や湿度の変化によって、

肌に良くない変化が現れる事を言います。

 

 

 

春に「ゆらぎ肌」になりやすい原因にはいくつかあります。

  • 季節の変わり目の寒暖の差
  • 強い風、吹きつける花粉やほこり
  • 急増する紫外線
  • 環境の変化による疲労やストレス

 

 

季節の変わり目の寒暖の差

 この時期は、寒さや乾燥による冬のダメージがまだ残っています。

それに加えて、季節の変わり目の寒暖の差などで

ホルモンバランスや新陳代謝が乱れてしまいます。

その結果、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

また、暖かくなると皮脂の分泌が活発になり、

ニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。

 

 

 

 強い風、吹きつけるほこりや花粉

 春は風邪の強い日が多く、お肌から水分が奪われやすい季節です。

それに、ほこりや花粉、黄砂なども肌トラブルの原因になります。

 花粉は目のかゆみ、鼻水など花粉症の症状を起こすだけでなく、

 お肌に付着したままだと、肌あれ、かゆみなどのトラブルにも繋がります。

 

なので、帰宅後はすぐに着替えや洗顔をして

花粉やほこりをしっかり落としましょうね。

 

 

 

急増する紫外線

 春はお出かけの機会が増えると同時に、紫外線量が急増する時期です。

 紫外線量が少なかった冬場、無防備になっていたお肌に、

春の日差しはダメージが大きいです。

 UV対策は忘れずにしっかり行いましょう。

 

 

 

環境の変化による疲労、ストレス

 職場での配置換えや人事異動など、環境の変化も大きい季節です。

 疲れやストレスも、お肌がゆらぐ原因の一つです。

 十分な睡眠、ストレス解消、栄養バランスのよい食事など、

体調管理が重要になります。

 

健康な体を作るたんぱく質、粘膜を強化するビタミンA、

皮膚や粘膜を守るビタミンB、Cなどをとることも大切です。

 

 

 

 

 

ひとつひとつの影響は小さくても、

 相乗作用によってお肌は複合的に大きなダメージを受けます。

 原因に応じた対策と、こまめなお肌のチェックとケアを心がけ、

「ゆらぎ肌」にならないようお肌を守りましょう。

 

 

 

小顔矯正のご予約は→こちらから