背中の痛みは、悪い姿勢の積み重が原因!!


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

背中に痛みが出た場合、どんな方法で解決されていますか?

 

 湿布や塗り薬を貼って痛みを取ろうとしていませんか。

その時は良くなったような気にはなるかもしれません。

しかしその方法では痛みの根本を解決するのは難しいです。

なぜなら、湿布や塗り薬で背中の痛みの根本を取る事が出来ないからです。

 

背中の痛みの根本の原因は、

悪い姿勢の積み重ねによる事が多いです。

 

原因として考えられるのは、

  • 1日何時間も同じ姿勢で生活している
  • 日常生活で常に緊張を強いられている
  • 睡眠時の姿勢

 

 

 

1日何時間も同じ姿勢で生活している

  • 1日中パソコンで作業をしている。
  • 重い荷物を無理な姿勢で持ち運びしている。
  • 赤ちゃんを抱っこして家事をしている。 

背中に痛みを感じる方に共通しているのが、

長時間同じ姿勢で生活する習慣があることが多いです。

 

同じ姿勢で長時間作業をしていると、

背中や腰には驚くほどの負荷がかかります。

そして、次第に背骨周辺の筋肉が固まり、

手で触っても分かるぐらい硬くなってしまいます。

痛みを感じている部分は、

他の部分に比べてカチカチと硬くなってはいませんか?

この負荷がある一定以上溜まっていくと、

身体に痛みとして現れるのです。

初めは、湿布や塗り薬でも痛みは緩和されます。

しかし、ある程度症状が進んでくると、

これらの方法でも痛みを緩和することはできなくなります。

 

 

 

日常生活で常に緊張を強いられている

日常生活で常に緊張を強いられている方や、

過度な緊張状態を毎日強いられている方は注意が必要です。

 

知らず知らずのうちに、

背中の筋肉に疲労が溜まっていることがあります。

身体の痛みは多くの場合、筋肉が固まることで起こります。

この筋肉が固まった状態というのは、

姿勢や生活習慣だけでなく、精神状態にも大きく影響されます。

 

例えば、慣れない仕事をしたときや、資格試験などを受けた後などに、

背中が凝り固まり、じわじわと疲れが出てきた経験はありませんか?

心身にかかるストレスから、背中の筋肉が固まることで起きる現象の1つです。

肩に力を入れ、心に余裕のない状態が続くと、

その悪影響が身体にも現れるのです。

 

人間関係や子育てに常に不安を感じている方にも同じように、

背中の痛みが現れる場合があります。

背中の痛み=筋肉の疲労だけが原因で起こるわけではないのです。

 

 

 

 睡眠時の姿勢

枕やベッドが合ってない事も原因となりますが、

睡眠時の姿勢が背中の痛みの原因となる場合もあります。

 

背中に痛みを感じている場合、

睡眠時にも無意識にその部分を守ります。

例えば、背中の右側に慢性的な痛みを感じている場合、

左側を床にして寝ていませんか?

このような姿勢をとり続けると、

身体の左側ばかりに体重がかかり、背中の左側が痛む場合があります。

背中の痛みを避けるあまり、今度は別の部分が痛んでしまうのです。

 

背中の痛みを訴える方には、その原因を寝具だと考える方がいます。

しかし、ほとんどの場合、背中の痛みが治まると、

以前まで使っていた寝具でぐっすりと眠れるようになります。

身体の不調を改善しない限り、いくら寝具を取り替えても効果はありません。

 

 

身体の不調を改善するには、

自分自身の身体の根本治療を行う必要性があります。

 

こんな症状でお悩みの方は、

当院の猫背矯正を是非一度受けてみて下さい。

 

身体の根本から治して、

良い状態の身体を手に入れましょう。

 

 

猫背矯正のご予約は→こちらから