自分に合った枕の選び方とは??


こんばんは。ビオラ整体院の安藤です。

 

前回、枕が合っていない事が原因で様々な不調が起こってしまうとお話ししました。

体の不調を防ぐためには、首に負担をかけないようにすることが大切です。

 

今回は、首に負担をかかえないために、

どの様な枕を選べば良いかをご紹介していきます。

 

 

自分に合った枕を見つけるためには次の3つの条件が必要だと言われています。

  1. 寝心地が良いこと
  2. 頭に熱がこもらないこと
  3. 寝返りが打ちやすいこと

 

 

 寝心地が良いこと

 寝ている間も、枕をしているのを忘れてしまうくらい自然な使い心地の枕が理想です。

楽に呼吸が出来る事も大切なポイントの一つです。

 

 

 頭に熱がこもらないこと

頭に熱がこもり温度が上がると、脳の機能が低下してしまいます。

ぐっすりと眠るためには「通気性&吸放湿性」に優れた素材の枕が良いとされています。

 

 

寝返りを打ちやすいこと

 寝返りはうっ血を防ぐための自然な動きです。

頭が沈み過ぎず、中身が偏らないような枕が理想です。

 筋肉の疲労を緩和するためには私たちは平均20~30回の寝返りを打ちます。

なので、頭をしっかりサポートする為にも

頭3つ分(幅は60cm以上)の幅が理想です。

 

 

枕選びの3つの条件に加えて重要になるのが「枕の高さ」です。

人間の首はアーチ状になっているので

仰向けに寝ると首と布団の間に隙間ができます。

 

 

この隙間を枕の高さにすれば自然な姿勢が保て

リラックスして眠る事が出来ます。

枕に頭を乗せると重さで若干沈むので

沈み込んだ状態で頭が腰より1~3cmくらい高いのが理想な高さです。 

 

あごの位置もしっかり確認してください。

低すぎる枕を使うと頭が下がる分、あごが上がります。

また、逆に枕が高すぎるとあごが引けて下がってしまいます。

 理想的な枕の高さは、立っている時と同じように

あごが前にも後ろにも移動しない自然な位置をキープ出来る枕です。

 

確かめる方法は、まず壁に背を付けて自然に立ってください。

後頭部から肩までの間で、1番壁から離れた距離が理想の枕の高さになります。

 

理想の枕の高さ

 

痩せている人:2.5~3.0cm

標準体型の人:3.0~4.0cm

体格の良い人:4.0~5.0cm

 

 

体型だけでなく、首の長さや猫背の度合いなどでも理想の高さは異なります。

つまり、実際に寝てみないと理想的な枕の高さは判断できません。

見た目や手触りだけで、枕を選ぶのはやめましょう。

試しに寝る場所がなかったり、

どうしてもお店で判断しにくかったりする場合もあると思います。

そんな時は少し低めの枕を選びましょう。

 家で枕にタオルケットなどを敷いて理想の高さまで調整する事をお勧めします。

 

 

 

 

正しい枕の選び方で自分に合った枕を見つけて下さい。

そして、良質な睡眠を取りましょう。

 

 

ビオラ整体院でも枕を取り扱いしております。

 お試しも出来ますので、安藤までお気軽にお声掛け下さいね。

 

 

猫背矯正のご予約は→こちらから