冬のかゆみは「乾燥」が原因している??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

冬場の入浴中やお風呂上がりに体がかゆくなることがありませんか??

心当たりがある人は、

乾燥が原因かもしれません。

 

冬は空気が乾燥しているため、肌の水分量も低下します。

乾燥した肌はバリア機能が低下してしまい、

外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

また、気温の低下によって血行が悪くなると、

肌細胞まで栄養が行き渡りにくくなります。

栄養不足とバリア機能の低下によって、

肌が敏感になり、ちょっとした刺激でもかゆみを感じるようになってしまうのです。

 

冬のかゆみの対策としては、

  • ボディオイルとボディクリームを混ぜて保湿する
  • お風呂はせっけんの使い方とお湯の温度に注意する
  • 天然素材の肌着を選ぶ

これらの事が考えられます。

 

 

ボディオイルとボディクリームを混ぜて保湿する

乾燥やかゆみ対策の基本は、保湿になります。

普段はボディクリームやボディオイルを塗らない方も、

冬場は使用する事をお勧めします。

クリームは保湿力に優れていますが、

それだけで使うとテクスチャーが固く、塗り伸ばしにくいのです。

なので、ボディオイルを少量まぜると、スムーズに塗布することができて、

保湿力もアップします。

 

 

お風呂は石鹸の使い方とお湯の温度に注意する

お風呂も乾燥を引き起こす原因になります。

乾燥しがちな冬場に、夏と同様に石鹸で全身をゴシゴシと洗ってしまうと、

必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

汚れの少ない部分は石鹸を使わずにやさしく洗ってみると、

乾燥が和らぐかもしれません。

また、熱いお湯は乾燥やかゆみを招きます。

お湯の温度を少し低めにすることもポイントになります。

 

 

天然素材の肌着を選ぶ

ポリエステルやアクリルなどの化学繊維の下着を着ている方は要注意です。

これらの化学繊維は速乾性が高いため、

肌の水分まで奪い取って乾かしてしまいます。

また、静電気が起きやすいため、

その刺激が肌に負担を与えることもあります。

肌着は保湿性に優れた綿素材を選ぶ事をお勧めします。

 

乾燥やかゆみの対策には、保湿が欠かせません。

ケアせずに掻いてしまうと、

傷なったり癖になったりして、慢性的なトラブルの原因にもなる可能性があります。

冬は顔のお手入れに加えてボディケアも取り入れて、

美しい肌をキープしましょうね。

 

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから