透明感のある生き生きとした肌を手に入れためには??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

鏡で自分の顔を見た時に

「疲れている?」「なんか顔色悪くない?」

と感じでしまう経験をしたことはありませんか。

どんよりくすんでしまっていませんか。

 

そんな時は、

  • 足元を温める
  • しっかり保湿
  • ホットミルクを飲む

この3つがおすすめです!!

 

 

足元を温めて軽いストレッチ

体の冷えと顔色は切っても切れない関係にあります。

体が冷えることで、顔の皮膚を流れる血液の循環が滞り、

顔色が悪くなってしまいます。

顔色が悪いと感じつつ、体が冷えている自覚がある場合は、

足元を温めたり、軽いストレッチをしてみて下さい。

手足をブラブラさせるだけでも効果的ですよ。

 

 

いつもより入念に保湿

水分が足りず肌が乾燥している場合は、

肌が暗くくすんで見えてしまいます。

また、肌のごわつきがある場合も肌の陰影により、

実際の肌の色よりも暗いイメージを与えてしまうことにもなります。

乾燥していると感じたら、外出先でもしっかり保湿をして下さいね。

 

 

ホットミルクで鉄分を補給

貧血状態の場合は、

体内のヘモグロビンが減少することにより顔が青白くなります。

これは鉄分の不足が原因です。

月経などで貧血気味だなと感じた場合は、

体を温めつつ鉄分をしっかり摂取するためにも、

ホットミルクがおすすめです。

是非試してみて下さいね。

 

 

いつも透明感のある生き生きとした肌のイメージを保つためにも、

くすみ肌を感じたら行ってみて下さいね。

そして、いつでも透明感のある肌を手に入れましょう。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから