手の乾燥やひび割れの予防と対策!!


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

これから冬になると、手の乾燥やひび割れに

悩まれる方が増えてくるかと思います。

その原因は、寒さと乾燥です。

寒い冬場の水仕事は本当に辛いもので、

冷たい水にさらされていると手先の血行が悪くなり、

ひび割れと一緒にしもやけが出来てしまうこともあります。

 

とは言っても温かいお湯で洗い物をすると、

皮脂膜や角質層の細胞間脂肪が余計に洗い流されてお肌のバリア機能が失われ、

乾燥を加速させてしまいます。

手の乾燥が進むと、肌がカサついてきて、ひどくなるとひび割れてしまいます。

 

 

予防ケア

手荒れを予防するために必要なことは、

手を乾燥や寒さから守ることが重要です。

  • 可能な限り、水仕事など外的刺激にさらされる機会を減らす
  • 洗剤はなるべく直接触れないよう、ゴム手袋を装着する
  • ゴム手袋の装着が難しい場合は、なるべく刺激の少ない洗剤を薄めて使う
  • ハンドクリームでこまめに保湿ケアをする
  • 洗い物などをする場合は、ぬるま湯を使う
  • 寒さに対しては、外出時には手袋を着用するなど、保護する工夫をする

 

 

ひび割れやあかぎれの対処法

ひび割れができてしまった場合のケアとしては、

予防的ケアに加え、

できてしまったひび割れを保護するケアが必要です。

ハンドクリームで油分や水分を補うケア、

血行促進に働くビタミンEを含む軟膏も有効です。

ハンドクリームは保湿成分(尿素やグリセリン)を含むものがお勧めです。

 

ワンセリンは、ひび割れた患部を保護したり、

油分で蓋をすることで乾燥を防ぐことが出来ます。

しかし、水分を補う効果はないため、

使用するときは保湿成分を含むハンドクリームとあわせて使用して下さい。

 

水に触った後は柔らかいタオルでしっかり水分を拭き取り、

こまめにハンドクリームを塗るなどのケアを続けましょう。

 

面倒かもしれませんが、

この様な日々のケアがとても大切です。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから