ほうれい線を予防するためには??


こんばんは。Cure Body川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

年齢を重ねて気になってくるのが、ほうれい線です。

ほうれい線予防のためのケアを早い段階に行う事で、

年齢を重ねても美しい肌を維持することが出来ます。

ほうれい線は色々な原因で、目立ち始めます。

中でも、紫外線やタバコ、睡眠、運動不足による肌の老化が大きな原因です。

ほうれい線を作らないために気を付ける事は、

 

紫外線対策をしっかり行う

お肌の土台とも言えるコラーゲン線維とエスラチンは、

真皮の線維芽細胞が作っています。

長波長の紫外線A波はこれらの線維を傷つけて、

肌をたるませてしまいます。

紫外線A波は、季節天候に関係なく降り注ぎ、窓ガラスも透過します。

日の出から日没まで、1年中、屋内でも、日焼け止めを忘れずに塗ることが理想です。

 

 

上質な睡眠と定期的な運動を行う

加齢とともに成長ホルモンの分泌が低下し、

線維芽細胞の機能が衰え、

20代頃からコラーゲン線維の生成と分解のバランスが崩れ始めます。

若い時に浴びた紫外線も蓄積し、

40代になると、肌のハリが失われシワが気になる方が増えてきます。

上質な睡眠と定期的な運動は成長ホルモンの分泌を促すので、

肌のハリを保ち、ほうれい線の予防にも役立ちます。

 

 

タバコを吸わない

タバコは活性酸素を発生し、

シワを増やすことが研究データで明らかになっています。

紫外線対策をしっかり行っていても、

タバコを吸っていては台無しになってしまいます。

 

 

バランスのとれた食生活

お肌を若々しく保つためには必要不可欠です。

特に不足しがちな栄養素は、

ビタミンやミネラル、必須アミノ酸、必須脂肪酸といわれるものです。

これらの栄養素は、お肌のハリを保つ役割を持つコラーゲン線維の生成を手助けする役割があります。

ですが、体内では生成することができないので、

外部から摂取しなくてはなりません。

不足しやすい栄養分は、食事と一緒にサプリメントで補うのもお勧めです。

気を付けて頂きたいのが、

ダイエット中で、カロリーを気にして脂肪分を避けている方が多いと思いますが、

過度に脂肪分を控えてしまうのはお肌によくありません。

脂肪には必須脂肪酸と呼ばれる、

皮膚の乾燥を防止する役割を持つ栄養素が含まれています。

潤いとハリのあるお肌を保つには、

この栄養素が欠かせません。

必須脂肪酸は、特に魚や植物の脂質に多く含まれています。

魚には、コラーゲンの合成を手助けるミネラル分も多く含まれているので、

お肌を若々しく保つにはお勧めです。

 

 

 

ほうれい線を予防するためには、早いうちからケアを始める事が大切です。

日常生活で改善できる所から行っていきましょう。

 

 

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから