内側から保湿力を高めてくれる食材!!


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

猛暑日が続いていますが、体調は崩されてませんか。

それと、お肌の状態はいかがでしょうか。

 

美容に関係の深い栄養素が汗と一緒に流れてしまったり、

食欲が低下することで食事が偏ってしまったり、

自律神経の乱れから睡眠状態が悪くなってしまったり。

 

猛暑の夏はお肌のトラブルが発生しやすい季節です。

 

強い紫外線を浴びた直後に、

エアコンで冷やされ乾燥した空気にさらされる肌。

紫外線とエアコンの影響で夏のお肌は乾燥しがちな上に、

乾燥した肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

 

夏のこの時期こそ、保湿力を高めるケアをするのと同時に、

保湿力を高める食材を取り入れた食事で内側からのケアも心がけましょう。

 

 

保湿力を高めてくれる食材は、

  • ネバネバ食品
  • 緑黄色野菜
  • 良質なたんぱく質

になります。

 

 

ネバネバ食品

ネバネバ食品のネバネバは、ムチンという成分があります。

ムチンは、保水力に優れているため、乾燥した粘膜を潤してくれます。

ムチンは私たちの体にも存在し、

唾液や胃液、涙、目などの粘膜に含まれています。

 

夏野菜でいえば、オクラやモロヘイヤ、ツルムラサキに含まれる他、

レンコンや山芋、里芋、なめこ、納豆、めかぶ、もずくなどがあげられます。

これらは、胃腸の粘膜を保護する働きや、

消化を助けてくれる酵素も含まれています。

 

なので、夏場の疲れた胃腸をサポートしてくれるのでお勧めです。

 

 

緑黄色野菜

緑黄色野菜に豊富なカロテンにも、

皮膚や鼻、のどなどの粘膜を潤して強化する働きがあります。

オクラやモロヘイヤ、ツルムラサキも緑黄色野菜です。

赤ピーマンや南瓜、人参、豆苗、大葉なども積極的に取り入れましょう。

 

カロテンは、炒め物や揚げ物、マヨネーズやごま和えなど、

油の多い食品と一緒に調理すると吸収が良くなります。

緑黄色野菜には肌のターンオーバーを促進するビタミンB6や葉酸も豊富なので、

肌老化の予防にも貢献してくれます。

 

 

良質なたんぱく質

肌の材料となるのは、たんぱく質です。

なので、不足しないようにしっかり取りましょう。

良質なたんぱく質が含まれるものには、

肉や魚、卵、大豆・大豆製品、牛乳・乳製品に豊富に含まれます。

たんぱく質と一緒にビタミンCもしっかり摂ることで、

コラーゲンの合成を助け肌の潤いを与えてくれます。

 

たんぱく質から肌やコラーゲンを作るには、

炭水化物からのエネルギー源も必要になります。

つまり、主食、主菜、副菜の揃ったバランス良い食事が、重要になります。

 

 

食事だけでなく、潤いのある肌を保つためには、睡眠も大切です。

睡眠中に傷ついた肌を修復し、潤いのある肌を作り出してくれています。

なので、食事だけでなく質の良い睡眠が取れるようにも心がけましょう。

 

 

 

美顔矯正のご予約は→こちらから