肌荒れ対策!!上手なサプリメントの活用方法とは??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

極端なダイエットや偏食、バランスの悪い食生活、欧米化の食生活が原因で、

肌荒れに悩んでいる方が増えてきています。

 

肌荒れ対策として、サプリメントを摂取している方も多いかと思います。

どのようなサプリメントを摂取するのが良いか、

どうすればより効果があるのかをお話します。

 

 

 

五大栄養素で健康の土台を築く

栄養素とは、食物に含まれている成分で不足すると生活活動が出来なくなるものです。

具体的には、炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルがあります。

 

これらの栄養素がしっかり摂れていなければ、

いくら肌荒れに良いというサプリメントを摂取しても効果は期待できません。

 

まずは、サプリメントを摂る前に普段の食事でなるべく五大栄養素を摂る努力をしましょう。

食事で努力したうえで、必要に応じてサプリメントを追加していきましょう。

 

 

現代の野菜はビタミンの含有量が低下しているという話を耳にされたことがある方は少なくないのはないでしょうか。

ほうれん草に含まれるビタミンCの量は、

過去50年間で約10分の1になっているという研究結果もあります。

 

そのため、普通にバランスよく食事を摂っていても、

昔に比べるとビタミンは不足してしますのです。

なので、サプリメントでビタミンを摂取するなら、まずはマルチビタミンで、

不足しがちなビタミンを補っていきましょう。

 

 

マルチビタミンの働き

ビタミンとは、微量で体内の様々な機能を調節する働きを持っています。

生命活動に必要不可欠な成分であり、

  • 必要量はわずかでも、健康維持に必須
  • 不足すると欠乏症が起こる
  • 例外を除き、人間の体内で合成できない。

これらの条件を満たす有機化合物のことです。

 

必須脂肪酸は、皮膚に限らず、私たちの細胞の細胞膜の主な材料です。

そのため、必須脂肪酸が不足すると、

細胞の生まれ変わりが正常に行われず、ターンオーバーが乱れてしまいます。

 

ビタミンは、三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質からお肌や身体、髪などを合成したり、

エネルギーを作り出す働きを助け、

体の調子を整える役割を担っています。

 

基本的には、体内では生成できず、健康維持に必須で、

不足すると欠乏症が起こるビタミンは、1つの種類だけでなく、まんべんなく摂ることが必要です。

 

それをサポートしてくれるのが、マルチビタミンです。

 

 

マルチビタミンの上手な摂取方法

  1. 食後に摂取する
  2. 肌荒れの症状や生活習慣に合わせてプラスする

 

食後に摂取する

マルチビタミンは、他の食品と一緒に摂取することで、

効率的に吸収され、身体全体に行き届きます。

空腹時に摂取すると、胃を荒らしてしまうことがあります。

特に注意書きがない限り、食後に摂取するようにして下さいね。

 

 

肌荒れの症状や生活習慣に合わせてプラスする

まずはマルチビタミンを摂取して、

それでも何か足りなかったらり、強化したい栄養素があれば、追加していきましょう。

 

例としては、

  • ニキビ:皮脂分泌を調整するビタミンB2・B6と抗酸化作用のあるビタミンC
  • 便秘:乳酸菌や善玉菌
  • ニキビ、敏感肌、乾燥肌:抗炎症作用や角質層の水分保持力を高めるEPAやDHA

 

水溶性の成分は、基本的に過剰摂取は起こりにくのですが、

ビタミンAなどの脂溶性の成分は摂りすぎると過剰摂取になる場合がありますので気を付けて下さいね。

 

 

肌荒れ対策に、食事とサプリメントを上手に使ってみて下さいね。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから