食物繊維には2種類ある!!ダイエットに良い水溶性食物繊維とは??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

野菜や果物に、豊富に含まれているものの一つが食物繊維です。

食物繊維には、2種類あるのをご存じですか?

 

食物繊維は、水溶性と不溶性の2つに大きく分ける事が出来ます。

それぞれの種類と働きは、

 

水溶性食物繊維

  • 水に溶けて、食物中の水分を抱き込んでゼリー状にする
  • 血中コレステロール値を下げて、糖質の吸収を抑える

 

不溶性食物繊維

  • 水分を吸収して膨らむ
  • 未消化の食物が体内を通過する時間を縮め、便秘を予防・改善する

 

 

つまり、水溶性食物繊維は、

糖や脂肪の吸収を和らげる働きや、食欲を抑える働きが期待できるんです。

 

食欲を抑える

水溶性食物繊維が腸内細菌によって分解され短鎖脂肪酸を作りだします。

この短鎖脂肪酸が、脳を刺激して「食べるのを止める」、「腸でブドウ糖を作る」

という信号を送ってくれるのです。

信号を送るだけではなく腸内でブドウ糖の生産を促す機能もあり、

食後も血糖値が安定し空腹感が少なく、

無駄な食欲を抑えてくれます。

 

 

 

吸収を穏やかにする

水溶性食物繊維は水を含むとゲル化するものが多く、

一緒に食べた物の糖や脂肪に絡みつき、

吸収を穏やかにする働きがあります。

 

 

 

腸内の環境を整える

短鎖脂肪酸には腸内を弱酸性に保ち、

悪玉菌の増殖を抑える働きもあります。

腸内環境を良い状態に保ち、

お通じをスムーズに促してくれます。

 

 

 

水溶性食物繊維をたっぷり摂るのにお勧めなのが、

  • ドライプルーン
  • 大麦
  • 海藻

これらの3つです。

 

ドライプルーン

果物の中でも水溶性食物繊維の多いのがプルーンです。

ドライプルーンならば、そのまま食べらるので、

おやつにも手軽食べられて便利です。

 

大麦

水溶性食物繊維の仲間であるβ-グルガンの含有量がダントツに多いです。

茹でてサラダやスープに入れても良いですし、

白米と一緒に炊いても構いません。

自分が食べやすい食べ方で取り入れてみて下さい。

 

海藻

海藻のネバネバ成分も水溶性食物繊維です。

メカブやもずく、おぼろ昆布など、

そのまま食べられる海藻を食卓に加わえてみて下さい。

 

 

食べるだけで、無駄な食欲を抑えれるなんで嬉しい限りですよね。

腸内環境が整うことは、美肌にも繋がります。

夏に向けてダイエットを考えている方は、

水溶性食物繊維を取り入れてみて下さい。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから