注意!!食べれば食べるほど太るサラダとは?


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

野菜は身体に良い!!

美容のためにも、ダイエット効果もあるサラダですが、

種類や食べ方次第では「痩せる」目的のつもりが、

食べれば食べるほど太る原因にもなりかねないのです。

 

サラダ選びは大丈夫ですか?

太ってしまうサラダは、糖質や炭水化物、脂質がメインになっているものです。

 

例えば、

 

ポテトサラダやかぼちゃサラダ、コーンサラダ

これらは、どれも素材そのものに糖質が多いうえに、

マヨネーズを使っているので脂肪も多くなりカロリーが多くなりがちです。

食べるときには量に注意が必要です。

 

ポテトサラダであれば、

じゃがいもを減らし、食感が似ているおからを入れればカロリーを減らすことが出来ます。

マヨネーズはカロリーハーフのものを使ったり、

お酢を入れるとさっぱりするので、夏にはお勧めです。

 

 

 

春雨サラダ

春雨はヘルシーだという印象がありますが、

実は炭水化物で出来ているため低カロリーではありません。

市販の春雨サラダのドレッシングには砂糖や油がたっぷり使われているので、

食べるときにはこれらを減らした手作りのドレッシングがおすすめです。

少しでもカロリーを抑えたいのであれば、

ドレッシングを作る際には油を控えめにしてみて下さい。

 

 

 

マカロニサラダ

サラダと言っても、マカロニはパスタの仲間で炭水化物になります。

サラダというよりはあくまでも副菜として、食べるのなら少量にしましょう。

 

 

ツナサラダ

ツナはオイル漬けの缶にマヨネーズを使用するので、

どうしても脂肪が多くなってしまうサラダです。

ツナを使うときには、

ノンオイル缶やカロリーハーフのマヨネーズを使い、

脂質を減らすように工夫しましょう。

 

 

それから、注意が必要なのがドレッシングです。

サラダにかける市販のドレッシングには、

質が良いとは言い難い油分がたっぷり使われていることが多いです。

ノンオイルとはいっても、

人工甘味料が使われていることが多々あります。

なので選ぶ際には表示をよく見る必要性があります。

 シーザードレッシングやサウザンアイランド、フレンチ、ごまドレッシングなどの、

濃厚でクリーミーなタイプは脂肪分が高く、カロリーも高いです。

マヨネーズに至っては大さじ1杯で100キロカロリーになるので、

健康やダイエットを考えているのであれば避けるか、

カロリーハーフを選ぶようにして下さいね。

脂肪分の摂り過ぎはよくありませんが、

油にはビタミンの吸収を助けるなど、体に有用な働きもあります。

ここで重要になってくるのは油の質です。

オリーブオイルやアマニ油、ココナッツオイルなどの、質が良いものの方が、

市販のドレッシングよりもダイエットに向いています。

このような油を使って、

ドレッシングを手作りし、体の必要な適量の油を摂取しましょう。

 

美容や健康のために、サラダは毎日食べたいメニューです。

ですが、マヨネーズや原材料に何が使われているかよく分からないドレッシングをかけるのは逆効果になってしまいます。

せっかく食べるからには、

正しい知識をしり、正しく食生活に取り入れましょう。

 

 

 小顔美顔矯正のご予約は→こちらから