食べるより飲んだ方が良い??美肌効果を高める野菜の摂り方!!


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

これから夏本番に向け、

紫外線対策がますます重要となってくる季節ですね。

 

UV対策をしっかりしているつもりなに、

いつの間にかできてしまうのがシミやそばかすです。

25歳を過ぎるとどうしても体内の抗酸化力が低下し、

紫外線などのストレスによって発生する活性酸素の影響を受けやすくなってしまいます。

これからの季節は外側からのUVケアに加えて、

ビタミンCやリコピンなどの抗酸化成分をジュースで摂ることがお勧めです。

 

 

ジュースで野菜を摂った方が良い理由は、

  1. 吸収率がアップする
  2. 少量でたっぷり・こまめに摂ることが出来る

の2つがあります。

 

吸収率がアップする

野菜や果物に含まれるビタミンやポリフェノールは植物細胞の細胞壁という固い膜に包まれているため、

良く噛んだ程度では、栄養を吸収できない場合もあるのです。

カゴメの研究によると、

野菜や果物をジュースにすることで細胞壁が壊れ、

トマトに含まれるリコピンは約3.8倍、

にんじんのβ-カロテンは1.5倍も吸収率がアップするそうなんです。

 

少量でたっぷり・こまめに摂ることが出来る

咀嚼には満腹中枢を刺激する働きがあるので、

たくさん栄養素を摂りたい時でも、

ある程度の量でお腹がいっぱいになってしまいます。

ジュースにすることにより、

カサが減って少量でもたっぷり栄養素を摂ることが出来ます。

ビタミンやポリフェノールには、

体内に蓄積することのできない種類のものもあるので、

ジュースでこまめに摂ることでより効果が期待出来る様になります。

 

 

 UV対策として

野菜ジュースを飲む習慣をプラスしてみて下さいね。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから