シミ・シワ・たるみの原因は女性ホルモンのせい??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

年齢とともに女性を悩ませる肌の問題と言えば、

「シミ・シワ・たるみ」ですよね。

 

 

これらのエイジングサインが出現するのは、

30代から徐々に減り始める女性ホルモンと密接に関わっています。

いつまでも美しい肌を保つために、

エイジングサインと女性ホルモンの関係を知っておきましょう。

 

 

シミの原因となる代表的なものは紫外線になります。

しっかり紫外線対策をしていても、

シミが増える場合は、女性ホルモンの影響があるかもしれません。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少すると、

脳の中ではエストロゲンを出すように指令が出されます。

その際に、メラニン色素を出させるメラノサイト刺激ホルモンも、

その指令の影響を受けてしまいます。

たくさん作られたメラニン色素は、シミや色素沈着の原因となります。

 

妊娠中にシミが出来やすかったり、シミが濃くなってしまったりするのは、

まさにホルモンバランス乱れにより、

メラノサイト刺激ホルモンが活性化しやすいからです。

 

一度出来てしまうと、なかなか消えないシミです。

紫外線対策だけでなく、

女性ホルモンの状態も意識してみましょう。

 

皮膚のハリと弾力を支えているのが、コラーゲンやヒアルロン酸です。

エストロゲンの減少とともに、

これらの合成量も減ってきています。

コラーゲンは、表皮の内側にある真皮に、

網の目のように張り巡らされ、肌のハリを支えています。

コラーゲンの網の目を埋めているのが、

たっぷりと潤いを持つヒアルロン酸です。

これらが減ってしまうと、網目がカサカサして破れやすくなり、

ハリが保てなくなって、肌がたるんでしまうのです。

また、潤いが失われることで、乾燥による小さなシワが増えてきます。

小ジワは、皮膚の表面のシワなので、その時の乾燥具合により状態が異なります。

繰り返し同じところに小ジワが出来ると、

肌はシワを記憶し、元に戻らなくなってしまうので注意が必要です。

小ジワに気付いた時には、早めのケアが肝心です。

 

 

年齢とともに減少していく女性ホルモンの影響を受けるのは30代以降です。

しかし、ホルモンバランスが乱れる原因は、加齢だけではありません。

ストレスや不規則な生活、疲れも女性ホルモンに影響を与えます。

 

 

最近肌の調子がよくなかったり、肌のハリが衰えてきたと感じたら、

エストロゲンの分泌が低下しているかもしれません。

ストレスを軽減したり、

不規則な生活を見直して、ホルモンバランスを整えましょう。

 

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから