たるみ毛穴・帯状毛穴の原因とは?


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

気付いたら大きく広がってしまった毛穴・・・

そしていつの間にか小ジワが出来てしまった。

そんな経験があると言う方もいらっしゃると思います。

 

特に紫外線予防にあまり注意を払わずに年齢を重ねてしまった女性に多くみられます。

 

楕円形のように広がって隠し切れないたるみ毛穴や、

それらが繋がってシワのようになってしまった帯状毛穴が目立つと顔全体の明るさまで奪ってしまいます。

 

 

毛穴が開いてみえる原因

毛穴とは肌を保護するための皮脂を分泌する、

肌にとって重要な役割を担っています。

しかし、様々な原因で毛穴はトラブルを抱え開きやすい部分でもあります。

毛穴が開いてみえる原因は、

皮脂の過剰分泌やニキビ跡、たるみです。

 

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうのは、

肌が乾燥していたり、脂肪分の多いものを摂取することが主な原因です。

 

ニキビ跡は、ニキビを無理矢理に潰してしまうなどといったことが原因になります。

その部分の毛穴がクレーターのようにくぼんで見えてしまうのです。

 

たるみによる毛穴の開きでは、

たるみ毛穴や帯状毛穴として肌表面に現れます。

これは紫外線に無防備なまま年齢を重ねるごとに目立ってきてしまいます。

紫外線による細胞やDNA損傷とフリーラジカル(活性酸素)によるサビが原因となります。

 

 

たるみ毛穴

主に小鼻の脇から頬に向けて生じる、

楕円形に拡がった毛穴をたるみ毛穴といいます。

もともと開いていた毛穴はもちろん、

そうでない毛穴ですら加齢によってたるんだ肌に引っ張られるようにして拡がってしまった状態です。

皮膚は大きく表皮と真皮、皮下組織の3つの層に分かれます。

主にコラーゲンやエラスチンという繊維状のタンパク質と、

保水性でゼリー状のヒアルロン酸によってその形状や潤いを保っています。

これらの成分は加齢によって減少してゆくため、

年齢を重ねるごとに皮膚の土台が緩み、

たるみとなって表情に現れます。

そして皮膚がたるむのと同時に毛穴も開いてゆがんでしまうのです。

 

たるみ毛穴を改善、予防するためには真皮の潤いをキープする必要があります。

化粧品による保湿ケアだけでなく、

真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸を補うために原料となるアミノ酸や

抗酸化ビタミンを食事で補いましょう。

 

 

 

帯状毛穴

たるみ毛穴が進行し、連結することでシワになってしまった状態のことです。

主に鼻の脇から頬にかけての部分に小じわのように現れ、

30代半ばくらいから起こりやすくなります。

帯状毛穴になってしまう原因は、

たるみ毛穴と同様に肌がたるむことに加え、角質層の防水バリアが傷み、

乾燥や皮膚の代謝機能の低下や古い角質が肌表面に残ってしまうことなどが挙げられます。

 

帯状毛穴を改善、予防するためには、たるみ毛穴と同様に保湿ケアや水分補給、

またターンオーバーを正常に行われるよう代謝機能を低下させないことがとても重要です。

 

 

 

出来てしまう原因を知り、対策をしっかり取りましょう。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから