たるみによるしわの改善方法とは??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

女性の多くの方の悩みの一つにしわがあると思います。

 

最も年齢を感じさせてしまうのが、

数あるしわの中でも「たるみによるしわ」です。

小じわなどに比べると、

たるみによるしわは深くはっきりと現れてしまいます。

複数の原因が重なってたるみは出来てしまうので、

やみくもに顔のマッサージをしていても効果はなかなか出ません。

 

たるみが出来る主な原因は、

 

1.真皮層のコラーゲンとエラスチンの減少

コラーゲンとエラスチンは真皮層で主に保湿の機能を担い、

その水分量などで肌のハリは保たれています。

減少してしまう原因としては、

生活の中で浴びた紫外線が、コラーゲンとエラスチンを変性させてしまうからです。

睡眠不足などの生活習慣の乱れも保湿機能を落とします。

なので注意が必要になります。

 

 

2.皮下脂肪の増加

身体についた脂肪に比べ、顔の皮下脂肪は落ちにくいです。

普段暮らしているだけでは、

顔の筋肉を動かす機会はあまり多くありません。

年齢とともに新陳代謝が落ち、皮下脂肪は増えていきます。

そして皮下脂肪が重力で垂れ下がることが、

たるみによるしわに繋がってしまいます。

 

 

3.顔の筋力低下

顔の筋力低下は、皮下脂肪の増加と反比例しています。

筋力が衰えて脂肪が増えるのです。

顔の筋力は、表情筋と深層筋に分かれていて、

それぞれの役割が違います。

表情筋は、表情をつくるための筋肉です。

深層筋は、表情筋と骨の間にある筋肉で、

表情筋に栄養を運び、老廃物を受け取り、表情筋を支えるように働いています。

この2種類の顔の筋肉も、

意識的に動かすようにしないとうまく機能してくれません。

深層筋がきちんと活動せず栄養が滞ってしまうと、

表情筋もまた老廃物を溜めて衰えてしまいます。

 

 

たるみを改善するためには、

  • コラーゲンとエラスチンを守る
  • エクササイズとマッサージ
  • 睡眠をしっかり取る
  • 偏った食事をとらない

 

それぞれの対策を同時に行っていく事が大切です。

ビタミンCばかり摂るようにしていても、

マッサージだけを入念に行っていても、

他に欠ける要素があると、理想的な効果は出にくいです。

 

たるみを防ぐためにも、

規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから