美肌を作る野菜の正しい取り方とは??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

野菜が身体に良いものであると言う事は、

皆さん周知の事実であるかと思います。

 

もちろん、美しく健康な肌にとっても野菜は欠かせないものです。

いつまでも美しく若々しい肌を維持するためだったり、

無用な肌トラブルを避けたりするためにも、

肌に良い野菜を積極的に摂りましょう。

 

特に、美肌のために積極的に摂取したいお勧めの野菜を紹介します。

 

 

にんじん

緑黄色野菜のエースで、にんじんはβ-カロテンの宝庫です。

β-カロテンは体内でビタミンAに変化して目や鼻の粘膜を保護し、潤してくれます。

風邪予防にはもちろん、乾燥肌の予防にも効果が期待出来ます。

腸内環境を整える食物繊維も豊富に含まれているので、

肌荒れの原因となる便秘も予防してくれます。

β-カロテンは、脂質と一緒に摂ると吸収が良くなるので、

炒め物にしたり、マヨネーズやドレッシングとともに食べるのがお勧めです!!

 

 

アボカド

食物繊維が豊富なので、

にんじん同様、便秘予防に効果的です。

肌のターンオーバーを助けるビタミンB2、B6、葉酸や、抗酸化作用の高いビタミンEも多く含まれ、

エイジングケア効果の高い食材としても有名です。

ビタミンEはビタミンCとともに摂るとより効果を発揮します。

なので、レモンをかけて食べるのがお勧めです。

 

 

かぼちゃ

抗酸化ビタミンA(β-カロテン)、C、Eをバランス良く豊富に含んでいるかぼちゃは高い抗酸化作用を持つ食材です。

β-カロテンは皮に豊富に含まれるので、

皮は剥かずに頂きましょう。

脂質と一緒に摂ると効果が高まるので、

揚げ物や炒め物にしたり、

マヨネーズやドレッシングとともに食べるのがお勧めです。

 

 

パセリ

抗酸化ビタミンの豊富さはトップクラスです。

β-カロテン、ビタミンC、Eをふんだんに含み、鉄分も豊富です。

鉄と、その吸収を高めるビタミンCとの相乗効果で血色が良くなり、

くすみ予防にも効果的です。

 

 

野菜を摂るときは、生の野菜ではなく温野菜を食べるようにしましょう。

生の野菜は身体と内臓を冷やしてしまうので、

野菜を食べるなら出来るだけ火を通して食べましょう。

生で食べるより加熱した方が量もたくさん食べられます。

 

加熱することで栄養素が壊れてしまう野菜もありますが、

その分は量でカバーすることで解消出来ます。

生野菜を食べたい時は、ランチで食べる事をお勧めします。

生野菜は代謝を下げる働きがあるので、

代謝が上がる朝と代謝が下がる夜に生野菜を摂取すると、

脂肪燃焼に影響してしまうことがあります。

 

1日に野菜をあまり食べる事が出来ないという方は、

野菜ジュースでも構わないので摂取しましょう。

お勧めなのは、

β-カロテンが豊富なにんじん、ビタミンCが豊富で味に爽やかさが加わる柑橘類。

これらをミキサーでシェイクすれば、飲みやすく肌にも良いジュースを作ることが出来ますよ。

 

 

スーパーや八百屋さんなどで簡単に手に入る身近な野菜ばかりなので、

ぜひメニューに取り入れて積極的に摂って下さいね。

 

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから