お肌のくすみの種類と原因は?


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

20代の頃は透明感のある肌だったのに、

30代、40代と肌のくすみを実感することが増えてきた。

そんな風に感じる方が多いのではないかと思います。

 

くすみは加齢だけではない他の原因もあります。

年齢のせいとあきらめる前に、

くすみの種類を知り、正しいお手入れを始めましょう。

 

 

メラニンくすみ

紫外線を浴びると、

そのダメージから守るために肌はメラニンを作り出します。

肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーが正常であれば、

古い角質とともにメラニンが排出されます。

しかし、無防備に日焼けしたり、かぶれや炎症を繰り返したりして、

メラニンが過剰に作られることが続くと、

そのまま定着して、シミやくすみになってしまいます。

 

 

乾燥くすみ

乾燥によるくすみの状態は、

寒天をイメージすると分かりやすいかと思います。

水分を含んだ寒天は透明感があってプルプルしていますが、

乾燥しているときはくすんで硬くなっています。

肌の細胞もこれと同じです。

水分が少ないとくすんで見えてしまうのです。

 

 

血行不良による青くすみ

血行が悪くなることで肌の赤みが失われ、

肌がくすんで見えてしまったり、シミが目立つようになります。

 

 

汚れくすみ

毛穴に詰まった汚れや古い角質が何層も重なっていることによって、

角質層での光の反射が乱れ、くすんでみえるようになります。

 

 

糖化による黄ぐすみ茶ぐすみ

糖化とは体内の糖質がたんぱく質と結びついてAGEsという物質になり、

身体のさまざまなところにダメージを与えるという現象の事です。

糖尿病や動脈硬化など、

成人病と呼ばれるものの原因となります。

肌においては、コラーゲンを硬化させるか、

AGEsそのものが黄褐色を帯びているため、

黄くすみや茶くすみを引き起こしてしまいます。

 

 

濃い産毛くすみ

濃い産毛により角質層での光の反射が妨げられ、

くすんだ印象になります。

 

 

くすみは毎日の地道なケアで改善することが可能です。

しかし放っておくと、いくつもの原因が複合的に重なってスキンケア効果が現れにくくなります。

くすんでいると気付いたら、早めのお手入れを心掛けて下さいね。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから