すべすべ赤ちゃん肌を作る方法とは?


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

毛穴が見えない赤ちゃんの様なすべすべなお肌。

なれるものならなりたいと思いますよね。

普段のスキンケアで肌を整えているけど、

もっときれいな肌になりたいと思っている方は多いと思います。

 

日常でちょっと意識するだけで出来る美肌を作る方法をご紹介します。

 

 

白湯を飲んで身体を温める

白湯は、一度沸かした何も入っていないお湯の事です。

口当たりが滑らかで身体に優しい飲み物です。

白湯を飲むと身体が温まることから新陳代謝が良くなります。

老廃物が洗い流される効果があります。

栄養や水分が肌に届きやすくなり、肌荒れが解消していきます。

これから冷房が効き始める季節です。

白湯を飲んで冷え性をなくし、

すべすべの健康肌を手に入れましょう。

 

 

質の良い睡眠をとる

美肌を作るには成長ホルモンが分泌される22時~2時に寝るのが良いと言われています。

とは言っても、仕事などで22時に眠るのが難しいという方だっていますよね。

入眠して3~4時間後に熟睡している状態であれば美肌が作られます。

寝る時間にこだわらず、質の良い睡眠をとることを心がけていきましょう。

質の良い睡眠をとるためには、

入浴は寝る3時間前に入ったり、パジャマやシーツを肌触りの良いものに変えたり、

アロマでリラックスするなどして美肌ホルモンに働いてもらいましょう。

 

 

クレンジングは丁寧に行う

化粧が落としきれず残ったままになると、

シミやしわの原因になってしまうためクレンジングはとても大切です。

しかし同時に肌の油分も落としてしまうので、

肌トラブルの原因にもつながってしまう場合があります。

よほど濃い化粧でなければミルクタイプやジェルタイプ、

クリームタイプなど肌に優しいタイプのクレンジングを使うことをお勧めします。

強くこすらず、優しくマッサージをすることで化粧は落としつつも、

潤いはそのまま残すことが出来ますよ。

 

 

朝の洗顔は蒸しタオルで

蒸しタオルの作り方はとても簡単です。

朝起きたらミニタオルを軽く濡らしてレンジで温めるだけです。

蒸しタオルを顔に当てるだけで、

肌のしっとり感を残したまま、クマが薄くなったり、頭がすっきりするという効果が得られますよ。

終わったらスキンケアをすることを忘れないで下さいね。

蒸しタオルとスキンケアで化粧のノリがとても良くなりますよ。

 

 

すべすべのお肌を保つためには日常でのケアが何よりも大切です。

普段のスキンケアに少しプラスして行ってみて下さいね。

 

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから