朝の洗顔は、水だけ。洗顔料を使う。どちらが良い??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

みなさんは朝の洗顔は、水やぬるま湯だけで洗っていますか?

それとも洗顔料を使って洗っていますか?

 

洗い過ぎは肌の乾燥を招き老化に繋がるという考えが浸透し始め、

朝は水洗顔が浸透しはじめています。

 

水洗顔がお勧めな理由としては、

夜キレイに洗ってお手入れして眠っただけの肌には、

洗顔料ほどの洗浄力を必要としないからです。

特に皮脂量が少なくなってくる40代・50代には、

肌を保護し、外敵から守ってくれる適度な皮脂はとても重要なものになります。

必要な皮脂までおとしてしまう洗顔方法は、

肌の乾燥を招き、バリア機能えを弱めます。

そして肌荒れやシミ、老化現象を招いてしまう原因になります。

 

10代や20代は軽く水で洗っただけではTゾーンがベタベタしたりすることもあるかと思います。

そういう点を考えると、30代までは洗顔料を使い、

40代・50代は水洗いがいいようにも思えます。

しかし年齢だけで線引きが出来ないのがスキンケアの難しいところでもあります。

お肌のコンディションはその日その日で変化します。

自分の肌をよく観察して最適な洗顔をすることがなによりも大切です。

 

 

夜、美容液やクリームを使うと、

寝ている間に分泌されて皮脂と混ざり、朝にはただの汚れとして肌表面に付着している事があります。

また、生理前は皮脂分泌が過剰になり肌荒れやニキビが出来やすくなります。

お肌から分泌される皮脂やお肌に残ってしまった美容液やクリームなどは、

落としきれていないことも多くあります。

そんな場合は、クレンジングを使用して余分な汚れをきちんと取り除く事が大切です。

毎朝お肌をきれいな状態にリセットすることで、

過剰な皮脂の分泌を抑え、肌質を改善することもあります。

 

 

肌トラブルを防ぐために大切なのは洗顔です。

毛穴の汚れや余分な皮脂をきちんと落とすことで、

正常なターンオーバーを促すことにつながります。

その結果、お肌にとって大切な皮脂も適度に残した美肌になるのです。

 

 

洗顔の前にお肌の状態を良く観察し、

その時にあった洗顔方法を選択する事がとても重要です。

 

皮脂や汚れをきちんと取り除いた後に、

保湿をしっかり行うことによりメイク崩れを防ぐことも可能になります。

 

何気なく行っている朝の洗顔を意識して行ってみませんか。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから