春の紫外線の量は真夏並み!!春の紫外線対策!


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

まだ寒い日もありますが、

暖かい日も多くなってきましたね。

 

春の日差しはやわらかいですが、

実は夏とあまり変わらない量の紫外線が降り注いでいます。

特に曇りの日でも注意が必要なUVAは今の時期から急激に増えて行きます。

後になってから慌てないためにも、春の紫外線対策は万全にしておきましょうね。

 

寒く乾燥していた冬を越した肌は、バリア機能が弱まっていてダメージを受けやすくなってしまっています。

さらに春は、気候の変化などで肌が不安定になりやすい時期でもあります。

なので日焼け止めは、そんな肌をうるおしてくれる保湿力の高いものを選びましょう。

 

おすすめなのは、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているもの。

デリケートな春の肌に刺激の強い日焼け止めは禁物です。

ノンケミカルやケミカルフリーなどと表示がある、

紫外線吸収剤を使用していないものを選びましょう。

 

 

日焼け止めを選ぶ大きな基準になるものが、SPF値やPA値ですよね。

しっかり紫外線を防ぎたいと考えて、つい数値の大きいものを選んでしまう方が多いのではないかと思います。

長時間炎天下にいるわけでもない今の時期であれば、

SPF20、PA++くらいでも十分です。

SPF値やPA値の高い日焼け止めは、紫外線防止効果が高い分、

肌への負担も大きくなります。

いつも数値の高いものを使っていると、

それが逆にダメージとなり、肌の老化を進めてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

夏に人気のあるウォータープルーフタイプも、

海やプールに入ることのない今の時期には必要ありません。

落ちにくい日焼け止めは、その分肌の乾燥も進みやすくなってしまいます。

 

春の日焼け止めは、普段使っているクレンジングで落とせるものを選んで使って下さいね。

しっかり落とさないまま日焼け止めが残ってしまうと、シミやしわの原因になってしまいます。

 

 

それと、顔にはしっかり日焼け止めを塗るけれども、

ほかの部分はそのままという方も意外と多いのではないでしょうか。

紫外線は、空から降り注ぐだけではありません。

地面にも反射しています。

日焼け止めは顎の下や耳の後ろにも忘れずに塗って、

下からの紫外線対策もしっかり行いましょう。

 

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから