顔が太る原因と改善方法


こんばんは。Cure Body 向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

顔が太る原因には、

脂肪太り・むくみ・筋肉太り・たるみ・骨格の歪みなど様々です。

 

顔が太る原因とその改善方法についてご紹介しますね。

 

 

脂肪太り

脂肪太りは、肥満によって顔も太ってしまっている状態のことです。

改善方法は、有酸素運動や食事制限でダイエットをすることです。

全身のダイエットを行うことにより、顔の脂肪も落ちてきます。

顔の太りやすさや脂肪の落ちやすさには個人差があります。

 

 

むくみ

血流が滞ると代謝が低下し、

体内に老廃物や水分が溜まってしまいます。

これがむくみの原因になります。

むくみによって顔がパンパンになってしまっている状態を改善するには、

顔の血流を促して代謝をアップさせることです。

表情筋と呼ばれる顔の筋肉を使う体操や、フェイスマッサージなどが効果的です。

 

 

筋肉太り

筋肉太りとは、顔の筋肉が発達して太って見える状態です。

歯を噛みしめる癖のある人は、

エラの筋肉が発達しているので、そのぶん顔が大きく見えてしまいます。

改善するためには、

その部分の筋肉をあまり使わないようにすることが重要になります。

まずは、歯を噛みしめる癖をなくすように心がけましょう。

そらから、筋肉をほぐすようなマッサージも同時に行うと良いでしょう。

 

 

筋肉の衰え

顔の筋肉が衰えることによって、

皮膚や肉が重力に負けて垂れ下がってきてしまいます。

頬が垂れ下がるブルドック顔や、顎がたるむ二重あごなどは筋肉の衰えが原因です。

顔の筋肉は使わないとどんどん衰えていくので、

顔の筋肉を活性化させる体操を行ったり、

普段から表情を豊かにすることを心がけるだけでも防ぐことが出来ます。

 

 

たるみ

たるみは、加齢により肌の弾力が低下することで皮膚が垂れ下がってきてしまいます。

対策としては、大豆イソフラボンやコラーゲンを摂取することです。

大豆イソフラボンは豆腐や豆乳などに含まれています。

コラーゲンは、鶏肉の皮や牛スジなどの食材に多く含まれています。

これらの食材を普段の食事にうまく摂り入れましょう。

 

 

骨格の歪み

頭蓋骨が歪んでいると顔や頭が大きく見えることがあります。

長年の生活習慣などで少しずつ頭蓋骨は歪んでいくのです。

骨格の歪みは、自分で治すのは難しいです。

 

骨格の歪みが気になる方は、

是非一度、小顔美顔矯正をお試し下さい。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから