食べる日焼け対策!!日焼け防止に効果がある食べ物とは?


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

日中の気温が20度を超える日も増え、

少しずつ日差しが気になるようになってきましたね。

 

日焼け止め以外にも、日差しから肌を守る方法がいくつかあります。

その一つが食生活です。

特定の栄養を摂取することで日焼けを軽減し、肌を守る事が出来ます。

 

紫外線にはUVA波とUVB波があります。

UVA波は、天気が悪くても日常的に降りそそぎます。

コラーゲンやエラスチンを破壊して、シワやたるみを引き起こします。

また、紫外線を浴びることによって発生する活性酸素も、

コラーゲンやエラスチンを破壊し、肌の老化を進めてしまいます。

これからの季節は、活性酸素によるダメージを防ぐ抗酸化物質が多く含まれる食材を意識的に食べることをおススメします。

 

身近にある食材をいくつか紹介しますね。

 

バナナ

バナナには、β-カロチンをはじめとしたビタミンAやケルサチンなどの抗酸化物質がたっぷり含まれています。

β-クリプトキサンチンやザアキサンチン、β-カロテン、

ポリフェノール類であるケンフェロールやアニジン-3-グルコサイドには血流を良くする働きもあります。

日焼けによる肌の酸化を防ぎながら、

くすみのない肌を目指すのに、毎日1本のバナナを食べてみましょう。

 

 

ゴマ

ゴマ特有の抗酸化物質として知られているセサミンは、

内臓の酸化をきっちりと防いでくれる作用を持っています。

さらに、抗酸化ビタミンとも呼ばれるビタミンEと一緒に摂ることで、

血液中のビタミンEの量が2倍になります。

体内からしっかりと酸化を防ぎたい時には、ゴマが一押しです。

 

 

緑黄色野菜

緑黄色野菜に豊富に含まれるβカロチンは、

抗酸化物質の代名詞のような存在です。

紫外線が気になるシーズンこそ、

毎日の食事の野菜は緑黄色野菜を積極的に食べるのがおススメです。

 

 

日焼けによるシワやたるみを防ぐためにも

抗酸化成分がたっぷり含まれているバナナやゴマ、緑黄色野菜を毎日食べることがおススメです。

活性酸素による酸化に負けない、

健やか美肌の基礎を築くためにも、抗酸化食品を意識的に食べましょうね。

 

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから