花粉症の時期のスキンケア対策!!


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

花粉症で大変な思いをされている方も少なくないかと思います。

この時期のスキンケアについて気をつけべき事をご紹介しますね。

 

花粉症の症状が現れる場合は、

皮膚のバリア機能が崩れることが多いです。

加齢や乾燥などの他に「洗いすぎ」が原因になる事もあります。

 

外から戻った後は、肌に負担の少ないクレンジングでメイクを落とし、

洗顔をして肌に付いた花粉を十分に洗い流しましょう。

しかしよく落としたいからといってゴシゴシ洗ったり、

スクラブ入りやピーリング剤入りの洗顔料で洗うことはおすすめできません。

また、熱めのお湯も必要な皮脂まで流してしまうので、ぬるめのお湯を使って下さいね。

 

会社で外回りをする方などは、

洗顔が出来ないと思いますので、

フェイスブラシなどを使用して顔に付いた花粉をはらうだけでも違いますよ。

 

洗顔後、一番大切なのが保湿です。

刺激の少ない化粧水でしっかり保湿して下さいね。

クリームは、油分の多いものがバリアの役目を果たしてくれますが、

ベタベタしていると花粉が付着するので、上からパウダーをはたいて肌をサラッと保つようにして下さい。

 

敏感肌だから、花粉症だからと言ってメイクをしないと言うことが

必ずしも良いとは限りません。

メイクによって肌の上から1枚膜を作ることで花粉の刺激を受けずに済みます。

ファンデーションを薄く塗るようにしましょう。

油分が多く含まれているファンデーションだと花粉が付着してしまうので、

仕上げにパウダーをつけて、表面をサラサラに保つようにしましょう。

 

それから、体の中からケアするためにも栄養もきちんと摂取しましょう。

免疫細胞を強化するためのアミノ酸をはじめ、

粘膜を強化するためのビタミンA、

皮膚や粘膜を守るためにはビタミンB群やビタミンCなどを積極的に摂りましょうね。

 

 

しっかりとしたスキンケアを行い、

花粉の多いこの時期も乗り越えましょう。

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから