ちょい足しメニューでお肌が変わる??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

現在の日本は豊かな食に恵まれています。

しかしその一方で、美肌に必要な栄養はおろか、

厚生労働省が定める栄養素を満たしている人は案外少ないと言われているそうです。

理想的な栄養素を摂取するためには、

  • ちょい足し
  • メニューの調整
  • 定番具材を毎日食べる習慣

食生活の意識を高めることが重要なんです。

 

厚生労働省によって定められた「日本人の食事摂取基準」では、

炭水化物や食物繊維、ビタミン類に至るまでの摂取量が細かく設定されています。

しかし、この目標値を日常生活でクリアするのはなかなか難しいです。

 

個人差はあるものの、現代人は動物性たんぱく質や脂質の摂取量が増えてきています。

しかし、炭水化物や食物繊維、ビタミンやミネラルの摂取量が減っているそうなんです。

食物繊維やミネラルの不足が続くと、

免疫力の低下や、生活習慣病にも繋がりやすくなってしまいます。

 

毎日の食生活にちょっとした意識を持ち、

栄養バランスを整えていきましょうね。

 

 

3度の食事で栄養を補うための、

ちょっとした工夫の方法を紹介していきますね。

 

 

朝:コーヒーにミルクをちょい足ししてカフェオレに。

朝起きてコーヒーを飲む習慣がある方にお勧めなのが、

ブラックコーヒーでなく、カフェオレにしてみましょう。

そうすれば、無理なく牛乳を100ccほど飲むことが出来るようになります。

紅茶を飲む方は、ミルクティーにしてカルシウムを摂りましょう。

 

 

昼:パスタではなくカレーでタンパク質やビタミンを補給。

ランチタイムに何を食べようか悩んで時には、

メニューに含まれている野菜やタンパク質の量で決めるのも一つの手です。

例えば、パスタよりもカレーの方が牛肉などが含まれている分、

タンパク質の量が多くなります。

食材を主にして考えると栄養素の取れ方は変わってきますよ。

 

 

夜:サラダにアボガドを乗せて栄養素の不足をカバー。

アボガドは「森のバター」と言われ、栄養素が高いです。

カロテンやカリウム、ビタミンC・E・B群などが豊富に含まれています。

どんなサラダにも相性が良いので、

夕食のサラダにアボガドをトッピングすることで、日々の栄養素の不足をカバー出来てしまうかもしれませんよ。

 

ちょっとした工夫を身に付けて、

無理なく栄養素を効率良く摂取出来る様にしましょうね。

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから