寒い日に顔が赤くなる原因は??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

寒い日に外から室内に入ったら顔が真っ赤になってしまった。

こんな経験をした事がある方は多いのではないでしょうか。

 

顔が赤くなる原因

冬に、寒い外から室内に入ると頬が真っ赤になることがあります。

血管は寒いところでは収縮し、暖かいところでは拡張します。

寒いところと暖かいところの温度差が激しいと、皮膚の内部の血管は急激に拡張します。

頬が赤く染まって見えるのは、皮膚の内部の拡張した血管が透けて見えている状態です。

それと肌が乾燥していると余計赤みが目立ってしまうことがあります。

特に冬は寒さや乾燥により肌や髪の潤いに欠かせない働きをするセラミドが水分量を保てなくなって、

皮膚表面の角質がはがれやすくなってしまいます。

冬のダメージ肌は特に顔が、赤くなりやすいのです。

 

顔が赤くならないようにするためには?

食生活の対策としては、唐辛子やコショウなどの香辛料のたくさん効いた食事は控える事が大切です。

香辛料は血管を拡張させやすいです。

また、寒い日に外にいて顔が冷気に当たり、

冷やしてしまえばしまうほど、暖かい室内にはいった時に顔が赤くなりやすくなります。

外で寒い所に居るときは、マフラーをするなど顔を出来るだけ冷やさないようにしましょう。

もちろん顔だけでなく全身を冷やしてしまうことでも顔は赤くなりやすくなってしまいます。

外に出るときは寒さ対策をしっかりおこなって出掛けましょう。

また、肌の乾燥を防ぐために普段からの保湿ケアを怠らない事も大切です。

赤みを防ぐには、スクラブ洗顔を控えるようにしましょう。

乾燥肌や肌荒れがある肌には、刺激が強すぎてさらに赤みを悪化させてしまいます。

 

しっかり対策を行って顔が赤くなるのを防ぎましょう!!

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから