顔色が悪い、肌がくすんでみえる原因は・・・。


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

顔色が悪い、肌がくすんでみえる・・・。

これらの原因には、

冷え性が関係していることが多いです。

肌のくすみを改善したいのならば、まずは冷え性を改善していきましょう!!

 

症状としては、

  • お風呂あがりでもすぐに手足が冷える。
  • 食後に激しく眠くなる。
  • 冷たい食べ物、飲み物が好き。
  • 低血圧である。
  • 顔が熱いのに手足が冷たい。
  • 便秘しやすい。
  • 肩こりがひどい。
  • 目の下のクマができやすい、消えない。
  • 寝つきが悪い。
  • 息切れしやすい。

これらの症状に心当たりがある方は冷え性の可能性が高いです。

冷え性対策をして健康な体と肌を手に入れましょう。

 

冷え性対策で大切な事は、何よりもまず体を冷やさないことです!!

冷たい飲み物は、体を冷やすばかりだけではなく、

消化機能の低下にもつながります。

温かいお茶やハーブティなどを飲むとビタミンCも摂れて美肌にもいいですよ。

 

血流をよくするために、マッサージやストレッチも大切です。

朝起きた時や、就寝前に簡単に体を伸ばすだけでも、血行が良くなるので冷え性対策になります。

例えば足の冷えには、足指1本ずつ回したり、ひっぱったり、マッサージすることで足がぽかぽかしてきます。

簡単に出来るし、リラックスも出来るのでおススメです!

 

体の血行がよくなることは、顔の血行をよくすることにもなります。

つまり、肌のくすみやむくみの改善になるのです。

 

肌のくすみを改善したいなら、

日頃から体を温めることを意識して、体を冷やさないようにしましょうね。

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから