老けて見られてしまう要因は??


こんばんは。Cure Body 川崎向ヶ丘遊園店の安藤です。

 

老けて見られてしまうと、

悩まれている方は少なくないと思います。

 

老けて見られてしまう要因には、

  • 目の周り、口の周りなどの小じわ
  • ほうれい線
  • しわの深さ
  • たるみ
  • しみ、くすみ
  • 顔が間延びする
  • 艶やハリがなくなる
  • 姿勢(猫背)

他にもいろいろありますが、筋力の衰えや肌のハリがなくなる事が原因になります。

加齢以外でも、無理なダイエットや栄養不良も老けて見える原因になります。

 

肌の老化スピードを決める最大の原因は、

紫外線を浴びた総量」です。

紫外線を浴びれば浴びるほど、皮膚のDNAにダメージが溜まっていき、

シミ・しわになってしまいます。

 

紫外線以外でもう1つ肌の老化を進めてしまう原因が「乾燥」です。

 

乾燥すると、肌の水分が減り、肌の反射が悪くなり、

ツヤがなくなってくすんで見える様になってしまいます。

そして乾燥すると、皮膚の新陳代謝が滞おります。

新しい肌の再生が行われなくなり、古くて汚れた角質が残ったままになります。

この角質が毛穴を防ぎ、冬ニキビなってしまう可能性もあります。

ニキビも老化の原因になります。

 

加齢とともに乾燥しやすくなるのは、「セラミド」という物質が年々減少してしまうからです。

セラミドは、「肌のうるおい成分」の事です。

 

対策としては、まずは水を飲むことです!!

夏は暑いので水分をしっかり取りますが、冬はあまり水分を取らなくなってしまいます。

まずは、朝出かける前と夜寝る前に必ずコップ1杯の水を飲むことから始めましょう。

 

肌の老化スピードは、「紫外線」と「乾燥」をいかに防ぐ事が出来るかがポイントです!

対策をしっかり行っていつまでも若々しい肌を保ちましょう。

 

小顔美顔矯正のご予約は→こちらから